• 心を軽くするマネーカウンセリング

    こんにちは。FPオフィス ナチュールです。東京都小金井市を拠点に活動しております。

    私も小学生の子どもを持つ親のひとりとして、将来の子どもの進学希望を叶えるための準備には非常に興味があります。

    人生の三大資金のうちのひとつとも言われていますね。

    具体的に、どのくらい準備できれば安心なのか? 今日は整理してみたいと思います。

     

    ご家庭の事情や方針により想定する金額は異なりますが、ここでは大学まで進学することを前提に考えてみます。

    単位:万円

     幼稚園小学校中学校高校大学文系大学理系
    国公立 72186138120496496
    私立156876411310640771

    (データ:文部科学省 子どもの学費調査 他)

    幼稚園から大学まで、すべて国公立だとしても合計で1012万円、すべて私立ですと2524万円ほど必要になる計算となります。

    これには、習い事や塾・予備校、自宅から通えない大学に進学した場合の仕送り代などは含まれていません。

     

    教育費を準備する方法には、定期積立や、学資保険などがあります。

    住宅資金や老後資金なども合わせ、トータルで計画的に準備することが大切です。