• 心を軽くするマネーカウンセリング

     

    今シーズンは残念ながら(?)

    私も、私の子どもたちも、インフルエンザにかかってしまいました。

     

    しかもいっぺんにではなく、

    リレー式に3人できっちり5日ずつ。(苦笑)

     

    まる2週間、家に缶詰めになりました。

     

    いいこともありましたよ。

     

    8歳の長男は、自分でご飯が炊けるようになりましたし、

    夫は、初めて朝ごはんの目玉焼きを焼きました。笑。

    ママが倒れると、すべての家事がストップしてしまいますので

    家族一丸となって、慣れない家事をがんばっていました。

     

    みんな成長した!笑。

     

     

     

    インフルエンザの状況!

     

    厚生労働省の発表によりますと、

    今シーズンのインフルエンザの患者数は

    2018年1月21日時点で推計280万人を超えたそうです

     

    医療機関を受診した人の人数ですから

    病院行かないで自宅療養した人なども含めれば

    300万人も超えそうですね。

    まだしばらく収束する様子もありませんし・・。

     

     

    日本の人口が1億2659万人ですから

    約2.3%、つまり100人に2~3人が

    今シーズンのインフルエンザにかかったということになります。

     

    すごいですね・・。

     

     

    ところで入院する確率と、かかるお金はご存知ですか?

     

    インフルエンザで入院する人はあまりいないかもしれませんが、

    入院の可能性って考えたことありますか?

     

    公益財団法人生命保険文化センターの調査結果によりますと

     

    過去5年間で入院経験のある人の割合は

    40代の人で

    11.8%

    だそうです。

     

    60代で21.9%

     

     

    平均入院日数は例えば40歳代でみると

    5日未満 21.9%
    5~7日 27.6%
    8~14日 27.6%
    15~30日 16.2%
    31~60日 3.8%
    61日以上 2.9%

     

    で、半数近くのひとはだいたい1週間以内に退院しているようです。

    40代の全体平均でいうと15日くらいのようです。

     

    1日当たりの自己負担費用は平均で約25,000円

    全体平均の15日入院したとして、37万5千円

     

    ただし、(ここがとても大事なのですが)

    皆さんが会社などで入っている公的医療保険では

    高額医療費制度」というのがあるので

     

    例えば

    会社員で標準報酬月額が28万円~50万円の人は

    80,100円+(総医療費-267,000円)×1%

    =80,100円+(375,000円-267,000円)×1%

    81,180円

     

    が自己負担の限度額になります。

     

    つまり、このケースの場合、

    37万5千円の自己負担でも、

     

    375,000-81,180=293,820円

    健康保険組合が負担してくれる、ということです。

     

     

    ちょっとゆっくり読んで、ここの数字を理解してくださいね。

     

     

    生命保険で医療保険をカバーするのは必要?

     

    生命保険料は安心料、などと言ったりしますが、

    ここでは冷静に、費用対効果の視点でみてみます。

     

    40代女性で、

    入院日額5千円の医療保障がある掛け捨ての生命保険に加入した場合、

    終身払でだいたい保険料の月額は

    2千円~3千円

    くらいです。

    (条件によって変わりますのであくまでも目安です。)

     

    終身払なので80歳まで払うとして

    月額3000円で計算すると

     

    40歳から40年間払ったら144万円です。

    30年間でも108万円

     

     

    ここで冷静に、考えてみましょう。

     

    40代で11.8%、60代で21.9%の確率で入院して

    自己負担平均8万円ちょっとに備えるための安心料として

     

    1年に3万6千円、

    10年で36万円

    の掛け捨て保険料

     

    支払いますか?

     

     

    乱暴な質問に聞こえるかもしれませんね。

     

    長期入院する可能性だってあるし、

    差額ベッド代を払いたい人もいるし、

    がんだって怖いし・・・。

    と、不安がいっぱいですから。

     

    でも、月に3千円、

    掛け捨てるのではなくて、

     

    自分で貯金したり運用したりしたほうが

    可能性としても有効なんじゃないかな

    という考え方もあると思うんです。

     

    ※ただし、ここで言っているのはあくまで可能性の話ですので

    1つの考え方として参考にしていただければ十分です。

     

    医療保険だけじゃなくて・・。

     

    今日、どうしてこんな話をしたかというと、

    インフルエンザで家でのんびり(?)しているときに手にしたこの本。

     

     

    タイトルが衝撃的ですね。笑。

     

    保険のことがよく分からない女性との

    対話方式で書かれているので、

    とても分かりやすいですよ。

     

    そんなに過激なことは書いてありません。

    むしろ、私には、筆者の方の愛が感じられました。笑

     

    おススメです。

    この方の本は何冊か拝読しましたが、どれも分かりやすくて参考になります。

     

     

    生命保険のことでモヤモヤしている方は是非読んでみてくださいね。

     

    個別に誰かに相談したい方は、私に連絡ください。(^^)

     

     

     

    そうそう、こちらのサイトはインフルエンザ対策に効果がありそうなものも

    たくさんありますよ!↓

    おススメ!iHerb(アイハーブ)でお買い物!!