• 心を軽くするマネーカウンセリング

     

    共働きは、

    夫婦それぞれが仕事を持ち、

    互いの時間やお金に干渉しすぎず、

    比較的自由な印象を持たれることが多いもかもしれませんね。

     

    「ダブルインカム」という状態から得られる

    お金の安心感から、というのが大きな理由のひとつと思われますが、

     

    残念ながら、

     

    収入が多い=貯金が多い

     

    という風には、ならないケースが多くあります。

     

    その理由や対策について考えてみましょう。

     

     

     

    共働きが貯金できない理由

     

     

    共働きが貯金できない傾向にある理由にはいくつかあると思いますが、

    だいたい二つに集約されます。

     

     

    1.支出が多い

    2.家計全体が把握できていない

     

     

     

    1については、

    お互い仕事に忙しい身ですから

     

    外食が多かったり

    通勤の便利さ最優先で都心の駅近物件に住んでいたり

    家事代行を頼んだり

     

    と、時間をお金で買っているケースや

     

     

    交際費を惜しみなく使う

    自分へのご褒美が多い

    たまの休みには海外旅行が恒例となっている

     

    など、

    ダブルインカムの安心感から

    ちょっとしたぜいたくが多いケース

     

    などがあります。

     

     

     

    ・・これらについて、悪いと言っているわけではありません。

     

     

    むしろ独身時代が長かった私には

    思い当たる節がいくつかありますので

    気持ちはよく分かりますし、

     

     

    ビジネスパーソンでしたら、こういったお金は

    必要な投資である場合が多いでしょう。

     

     

     

    問題は、2つ目のほうです。

     

     

    家計全体が把握できていない・・。

     

     

    これはかなりまずい状況です。

     

     

    共働きの夫婦の家計は

     

    ・夫が毎月一定の金額を生活費として妻に渡す

    ・お互いに一定の金額を共有の口座に入れて生活費として使う

     

    という風にやりくりしている方が多いです。

     

    あとの残りは、それぞれ自由にしようね、という感じでしょうか。

     

     

    いくら使っていて、いくら貯金があって

    ・・というのはお互い干渉せず、把握せず。

     

    ケースによっては、

    お互いの収入がいくらなのかも知らない、というご夫婦もいらっしゃいます。

     

     

    まぁこれは、共働きだから、ということではないかもしれませんが

    奥様が専業主婦の家計のほうが、

    全体をしっかり把握されているケースは多いです。

     

     

    共働きの行く末・・?

     

     

    お互いのお金についてまったく無知であった結果、

     

    気がついたら

     

     

    必要な時に

    必要なお金が用意できない・・

     

    とりあえず用意できたとしても

    その先が不安・・

     

    ということに

     

    残念ながらなってしまうんですね。

     

     

    「老後破産」

    も他人事ではなくなってきます。

     

     

     

     

    夫婦でお金についてオープンに話し合える関係の大切さ

     

     

    全体を把握するために

     

    なにも

    毎月きちんと家計簿をつけて

    お互いに何にお金を使ったか報告しましょう

     

    ・・なんてことをおススメしているわけではありません。

     

    だって無理ですよね。

    (きちんとされている方いたらゴメンナサイ!)

     

     

     

    もちろん

    ストレスなくできるのであれば

    するにこしたことはありません。

     

     

    でも実際はどんぶり勘定で

    全体がよく見えないから

     

     

    お金のことで不安がでてきているのでは?

    と思います。

     

     

    夫婦で、家計の経済的なことについて

    同じ方向をみることができていないと

     

     

    蓋をあけてみたら

    貯金が思ったより増えていなかったり

     

    大きなイベントが目の前に迫ったときに、

    すごく不安になったりします。

     

     

     

    もし、あなたが家計の全体を把握していない

    つまり、お金のことをオープンに話すことができない夫婦関係にあるのなら

     

    一度、話す機会をもってみてはいかがでしょうか。

     

     

     

    そのきっかけを作るツールとしては、

    「ライフプランシミュレーション」が本当におススメです。