• 心を軽くするマネーカウンセリング

     

     

    インターネットで、ちょっとした話題になっていました

    こちらのニュース。

    妊婦の外来受診 なぜ負担増?

     

     

     

    みなさんはご存知でしたか?

     

     

    あまり大きなニュースにもなりませんでしたし、

    医療事務関係者以外は、ほとんどの方が知らなかったと思います。

     

     

    その内容について、整理してみました。

     

     

     

    妊婦加算って何?

     

    平成30年4月から、医療費の診療報酬が改定されました。

    そのまま抜粋しますと、

     

    妊婦の外来診療について、

    妊娠の継続や胎児に配慮した適切な診療を評価する観点から、

    初診料等において、妊婦に対して診療を行った場合に

    算定する妊婦加算を新設する。

     

    初診料 (新) 妊婦加算(時間外/休日/深夜)

    75点(200点/365点/695点) 等

    再診料・外来診療料 (新) 妊婦加算(時間外/休日/深夜)

    38点(135点/260点/590点) 等

     

     

    とあります。

     

     

    つまり、(診療報酬は1点=10円で計算されますから、)

     

    初診では750円(時間外2000円/休日3650円/深夜6950円)

    再診では380円(時間外1350円/休日2600円/深夜5900円)

     

    が、妊婦の場合は上乗せされるということです。

     

     

     

    また、妊娠初期の頃は、

    妊婦かどうかの判定は難しい時期ですが

     

    ・医師が診察の上、妊婦であると判断した場合に算定可能であり、

    必ずしも妊娠反応検査の実施や母子健康手帳の確認は必要ではない。

     

    ・診察時には妊婦であるかが不明であったが、

    後日妊娠していることが判明した場合、

    さかのぼって妊婦加算を算定はしない。

     

    とあります。

     

     

     

    目的は?

     

    厚生労働省の資料をみてみますと、その目的は

     

    周産期医療の充実

     

    とあります。

     

    周産期というのは、

     

    妊娠22週から出生後7日未満までの期間をいい、

    合併症妊娠や分娩時の新生児仮死など、

    母体・胎児や新生児の生命に関わる事態が発生する可能性が高くなる期間

     

    定義されています。

     

     

     

    診察する側からみると

     

    「妊婦には特別な配慮が必要だから、

    その分の手間賃くださいね‼」

     

     

     

    逆に患者(妊婦)からすると

     

    「妊婦と胎児にはリスクがあるから、

    ちゃんと配慮お願いしますね。

    その分、診察代はお支払いしますよ‼」

     

     

    ・・という感じでしょうか・・。

     

     

     

     

    妊婦の負担を増やすなんて‥。むしろ減らすべきよね?!

     

    「妊婦の受診はむしろ優遇すべきだよね‥。」

     

    こういう声が多くきこえそうです。

     

    もちろん、そうできることが理想的ですし

    私もそうあるべきと思います。

     

     

    だた、社会を全体的にみた問題、

    医療費の増大や人口の高齢化、予防医療のあり方など

    もっと根本的なところに目を向けて

    見直すべきところをふまえて検討していかないと

    効果のない議論になってしまうのかなぁとも思います。

     

     

    あとは、個人的には

    妊婦であるということを理由に

    診察を断る病院が、これをきっかけに減ってくれるといいなと

    思います。

     

    私も妊娠が分かった時に、

    それまで咳喘息で通っていたクリニックに

    診察も投薬も断られたことがあります‥(-_-;)

     

     

    かといって、妊婦であることを隠して

    診察や投薬をしてもらうのは

    リスクが高くてありえませんよね…。

     

     

     

    今妊活をしている方でしたら、

    可能性が少しでもあるのでしたら、

    必ず伝えて、配慮してもらうべきです。

     

     

     

     

     

     

     

    新設されたのは単純な妊婦加算だけじゃない

     

    ちなみに、妊婦に関しては、

    他にも新設された診療報酬があります。

     

    ・精神疾患を合併した妊産婦(ハイリスク妊産婦)に対して、

    産科、精神科及び自治体の多職種が 連携して

    患者の外来診療を行う場合の評価

     

    ・乳腺炎が原因となり母乳育児に困難がある患者に対して、

    乳腺炎の重症化及び再発予防に向けた

    包括的なケア及び指導を行った場合の評価

     

     

    「おっぱい外来」というのに私も行きましたが、

    これにも加算されるということですね…。

     

     

     

     

    負担を増やさないために私たちができること

     

     

    私たちにできることは3つあると思います。

     

     

    まずはそもそも受診しなくて済むように、

    生活習慣に気を配ること。

     

    普通のことのように思えますが、

    体や健康についての常識や知識は

    以前とずいぶん変わってきていますし、

     

    私自身もここ何年かで意識を変えてきた一方で

    昔のことをずいぶん反省しています。

     

     

    私も超がつくハイリスク妊婦でした…。

     

     

    今思えば、妊婦にも関わらず

    かなりめちゃくちゃな生活をしていました。

     

    夜は寝ない、食事は高カロリー、

    重い資料やパソコン持って移動…。

    お腹が張ると薬を飲む…。

     

     

     

    今妊活をしている方で、

    仕事との両立に苦しんでいる方も多くいらっしゃいますが

     

    授かったときのために、

    自分の体を最優先できる環境を整えておくこと、

    本当に大切だと思います。

     

     

     

    2つ目は、他の優遇制度をフル活用すること。

    私のときは、自治体で補助券がでる妊婦の定期健診のときに

    疲れ目や腰痛の相談などもしていました。

     

     

     

    3つ目は、制度の背景などをきちんと理解して

    全体的な視点で自分の意見をもつこと。

     

    それでおかしいと思ったら、声に出したり、

    行動したりしたらよいと思います。

     

     

     

     

     

    まとめと参考資料など

     

    ちょっと話がそれた部分もありましたが、

    ご参考にしていただけたら嬉しく思います。

     

     

     

    制度について詳細に興味のある方はこちらも参考にしてくださいね。

     

    厚生労働省 平成30年度診療報酬改定資料

     

    京都府保険医協会

     

    ニッセイ基礎研究所レポート 医療の値段(診療報酬)はどのように決められているの?

     

     

     

     

    ******************************

     

     

     

     

     

    無料メルマガ 明るい!妊活マネーレッスン

    妊活のための300万円を無理なく用意するコツを教えます