• 心を軽くするマネーカウンセリング

     

    こんにちは!

     

     

    最近、保険の見直しを無料で相談できる場所が増えていますね。

    テレビのコマーシャルも流れています。

     

    それだけ、自分が入る保険のことが気になっている方が多いということですね。

     

     

    あなたはどうですか?

     

    生命保険に入っている方、

    どのようなきっかけで、加入したかを思い出してみましょう。

     

     

    今回は、「妊活中の保険の見直しは必要か?」について考えてみましょう。

     

     

     

    そもそも、どんな人が生命保険に入るべきか

     

     

    生命保険への加入の必要性がもっとも高いのは、

     

    あなたに万一のことがあったときに、(経済的に)困ってしまう人がいる

     

    場合です。

     

     

     

    ざっくりと分けてみても

     

    ①独身の人

    ②結婚して夫婦になった人(特に、奥さまが扶養に入る場合)

    ③お子さまがいる人

    ④ご両親の生活費を負担している人

     

    ①と②③④では、必要の度合いが大きく違いますし

     

    必要な場合でも、扶養されている人の年齢や状況によって

    必要保障額がまったく異なるのは

    お分かりになると思います。

     

     

     

    必要保障額とは

     

     

    必要保障額の計算式

     

    ここで、「必要保障額」という言葉がでてきましたが、

    この言葉の意味をご存知でしょうか?

     

     

    ざっくりと計算式で表しますと

     

    必要保障額=

    (これから必要なお金の合計)ー(これから入ってくるお金の合計)

     

    になります。

     

    例えば、あなた(またはご主人)にとって、

    あなた(またはご主人)に万一のことがあった場合に困る人が

    「0歳の子ども」であれば、

    その子が経済的に自立する(たとえば20歳)までに必要な

    生活費・教育費・住居費その他もろもろすべてのお金の

    20年間の合計金額が

    (これから必要なお金の合計)です。

     

    (これから入ってくるお金の合計)というのは、

    遺族年金や、死亡退職金、これから働いていく配偶者の所得

    などの収入の合計額のことです。

     

    この数字がプラスになれば、保険でカバーすることを検討します。

     

    マイナスであれば、

    万一に備える保険(死亡保障)は特に必要ないということになります。

     

     

    ライフプランを作ってみれば正確な金額が分かるのですが

    ライフプラン作らなくても、一度ざっくりとでいいので

    試算してみるとよいでしょう。

     

     

    また、病気やケガへの備えである医療保険については

    これとは別に考えます。

     

    医療保険についてはこちらも参考にしてくださいね。

    https://fpofficenature.com/2018/08/02/insurance/

     

     

     

     

    必要保障額は変わる

     

    あなた(またはご主人)に万一のことがあった場合に困る人に

    変更があれば、当然ですが、必要保障額は変わります。

     

    ・扶養扶養家族が増えた

    ・子どもが独立した(扶養家族が減った)

    ・専業主婦(夫)であった配偶者が働きはじめた

     

    などのタイミングが、必要保障額が変わるタイミングです。

     

     

    また、一般的には、

    時間が経てばたつほど、必要保障額は減っていきます。

     

     

    結論:妊活は保険の見直しのタイミングなのか?

     

    上記をふまえて考えますと、

    妊活→保険の見直し と、必ずしも紐づかないといえるでしょう。

     

    ただし、

    必要保障額をまったく考えずになんとなく保険に入っている人や

    毎月の保険料が家計を圧迫している人などは

     

    一度、きちんと見直した方がいいかもしれませんね。

     

     

     

    参考までに:もう入ることを決定している方は妊活開始前のほうがいい?!

     

     

    民間の生命保険に入る手続きを一度でもしたことがある方は

    ご存知と思いますが、

    保険に入るときは、事前に審査があります。

     

     

    生命保険に加入するときは、

    ・今(または最近)治療中の病気やケガ

    ・飲んでいる薬

    ・これまでにかかったことがある病気やケガ

    ・健康診断の結果

    ・障害の状況

    などを、「正直に」告知しておく義務があります。

     

    その内容によっては、

    保険を使うリスクが高くなってしまうため、

     

    その保険に加入できなかったり

    保険料を割り増しで支払わなければならなくなったりします。

     

    (ここでウソを申告してしまうと、

    いざというときに保険金が支払われなかったりします。)

     

     

    不妊治療というのは、

    「病気じゃない」という主張もあるのですが

     

    実際は、

    検査で病気が見つかったり

    薬を飲んだり

    何らかの医療行為をしたりするので

     

     

    生命保険に加入する際には告知義務もありますし、

    実際に、

    加入を断られたり、保険料が割り増しされたりということがあります。

    (※保険会社や商品の内容によって条件は異なります。)

     

     

     

    ですので、

    もし、もう

     

    「生命保険に入ることを決めている」

     

    のであれば、

    不妊治療を始める前に入った方がよいということになりますね。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ******************************

     

     

     

     

     

    無料メルマガ 明るい!妊活マネーレッスン

    妊活のための300万円を「ちょっとしたコツ」で無理なく用意できるとしたら…!?

    お金に悩んでいる方はこちらをクリック